沖縄のディープな裏情報が満載

おきなわワールド

県南部の南城市に位置する観光スポットのおきなわワールド

 

ツアーで沖縄に来るとかなりの確立でコースに組み込まれていることが
多いおきなわワールドは、県内最大の鍾乳石が続く玉泉洞や実際に生きているハブが見られる
ハブセンター、そして昔の琉球の町並みを再現した王国村などがあり、沖縄を堪能できる
県内でも有数の観光地である。また大迫力のスーパーエイサーも一日に何回か公演しており、
これは必見のアトラクションである。

 

 

ツアーで初めから組み込まれている場合はいいとして、個人で行く場合にひとつ有益な情報として、
通常おきなわワールドの中に入るだけなら無料である、ということを知っておくといいだろう。

 

誤解があると困るので、玉泉洞、ハブセンター、王国村に入るためには入場料が必要である。
しかも結構な値段がする。つまりこれらの施設に入りさえしなければ無料だということだ。

 

おきなわワールドの入り口に料金所があるが、これはこれらの施設を利用する場合にこちらで
料金を支払う必要があるが、もし利用しないのであれば、払わずにスルーして入り口を通ってよい。
それなりに雰囲気のある道をそのまま歩いて行くことができ、その先にはおみやげ物屋や、
パーラーがあったり、また南都酒造所で、ハブ酒の造り方の見学、泡盛の試飲、またレストランで普通に
食事ができたりする。そしてなんと言っても広場で迫力のエイサーを無料で見ることができる。

 

 

これだけでも十分楽しめるのでわざわざ入場料払ってまで鍾乳洞とかハブとか見る必要はない、
という人は是非覚えておくとよいだろう。

 

何も知らずに行くと、入場だけでも料金を支払わなければいけないような入り口付近の雰囲気だが、
そのままスルーして中に進めばよい。どっちみち、鍾乳洞や王国村などはなどは入場券がなければ入れないので
間違って無断で進入してしまうということはない。

 

ちなみにハブセンターも中にさえ入らなければ、外に少しだがハブを置いてある場所があり
本物を見ることができる。

 

 

なのでもう一度言うが、ここは料金を払わずともそれなりに楽しめる施設だということだ。
アミューズメント施設でもこうやって楽しめるところは意外とあるので料金を支払う前に
一度確認してみるとよいだろう。

 

"奇跡の鑑定士沖縄の父が登場 "

 

ディープな沖縄裏情報

関連ページ

てだこボウル
沖縄の裏情報や危ない情報、うわさ話、その他役に立つ情報を掲載。また飲食店や遊戯店、エステや水商売に至るまで、移住を計画している人も必見の内容。

スポンサーリンク

メルマガ登録