沖縄のディープな裏情報が満載

バスレーン

沖縄に観光に来るとき、特にレンタカーを使用しての観光客に絶対に
注意してほしいのがバスレーンだ。なんだそれは?と思うかもしれないが、
文字通りバス「専用」のレーンなのである。普段は一般の車も通ることが
できるが、朝の通勤時間帯と夕方の帰宅時間帯にバスレーンが設定される。
通常片側2〜3車線の道路の一番外側がバスレーンとなることが多いが、
1車線のみの道路でもバスレーンの場所があるので、その時間帯はその道路は
普通の車は全く通れない、ということになる。

 

 

バスレーンを通っていいのはバスとタクシーとオートバイのみで一般車両が
通るとれっきとした違反行為として捕まった場合切符を切られることになる。

 

実はこれ、うちなんちゅでもどこがバスレーンがしっかり把握していないことが
多く、通勤時間帯など運転しながら、あれ?ここバスレーンじゃなかったっけ?
てなことがよくある。
たまたまわからずにバスレーンを通ってしまい、何事もなければそれでよいが
(もちろん違反はいけないことだが)運悪くそこで待機していた警察に捕まった
場合は万事休すである。知らなかったといういい訳は一切通用しない。
しかも非常に残念なことに、捕まっている多くの車はレンタカーで、要するに
何も知らずに通ってしまった観光客が圧倒的に多い。

 

 

どうせならバスレーンの入り口にでかでかと、ここから先はバスレーンですよ!
と掲示してくれたら間違って侵入することもないはずなのに、実際にはほんの
小さな、パッと見には絶対にわからないような標識が出ているのみである。

 

そしてさらにタチの悪いことに、バスレーン途中で警察は待ち伏せをしており、
そこを取った車の前に急に現れ、鬼の首でもとったかのようにしたり顔で
免許を見せるように要求してくる。

 

 

せっかく沖縄に観光に来て楽しんでもらいたいのに、観光客のためにもこの
バスレーンに関してはしっかりと警察と県は周知してほしいと思うのだが、
罰金も沖縄県に入るお金だとでも考えているのだろうか。高速道路の例からも
あながちそう思わざるを得なくなってくる。

 

何はともあれ、こういうルールなので守るしかない訳だが、レンタカーを借りる際に
是非レンタカー屋の人にバスレーンの場所や時間を細かく確認しておくことを
オススメする。沖縄にきて切符を切られていやな思いで帰るようなことがないように
してほしいと切に願う。

 

ディープな沖縄裏情報

関連ページ

沖縄は寒い
沖縄の裏情報や危ない情報、うわさ話、その他役に立つ情報を掲載。また飲食店や遊戯店、エステや水商売に至るまで、移住を計画している人も必見の内容。
沖縄の道路
沖縄の裏情報や危ない情報、うわさ話、その他役に立つ情報を掲載。また飲食店や遊戯店、エステや水商売に至るまで、移住を計画している人も必見の内容。
台風
沖縄の裏情報や危ない情報、うわさ話、その他役に立つ情報を掲載。また飲食店や遊戯店、エステや水商売に至るまで、移住を計画している人も必見の内容。
レンタカー
沖縄の裏情報や危ない情報、うわさ話、その他役に立つ情報を掲載。また飲食店や遊戯店、エステや水商売に至るまで、移住を計画している人も必見の内容。
コールセンター
沖縄の裏情報や危ない情報、うわさ話、その他役に立つ情報を掲載。また飲食店や遊戯店、エステや水商売に至るまで、移住を計画している人も必見の内容。
マルチ商法
沖縄の裏情報や危ない情報、うわさ話、その他役に立つ情報を掲載。また飲食店や遊戯店、エステや水商売に至るまで、移住を計画している人も必見の内容。

スポンサーリンク

メルマガ登録