沖縄のディープな裏情報が満載

 

"奇跡の鑑定士沖縄の父が登場 "

 

ディープな沖縄裏情報

 

沖縄のディープな食べ物記事一覧

ヤギ料理

沖縄に来てヤギを喰らう。これほどディープな沖縄の楽しみ方はないのではないか。スキューバやら泡盛やら離島やらチャンプルーやら誰でも体験するようなことばかりやってても周りと一緒でしかない。ならばいかにも沖縄!て感じで普通の人が避けて通るようなことをした方がよりディープ感を味わえるというものだろう。そこで...

≫続きを読む

 

コンビーフ

沖縄県での正式名称は「コンビーフハッシュ」という。通称はコンビーフで通っているが、本土のコンビーフとはまるで違う。沖縄のものは、通常の挽き肉(コンビーフ)にポテトの小さなサイコロ状のこま切れが無数に入っている。小さいと言っても本当に小さく、1〜2mm角くらいではないか。これを沖縄ではコンビーフと呼ん...

≫続きを読む

 

タコライス

最近では割と知名度を得てきたこの料理。今でこそ知らない人は少なくなったと思うが、それでも本土の方で知らない人もまだいると思うので、念のため、蛸ご飯ではない。メキシコ料理?のタコスの具である、ひき肉、レタス、トマト、チーズなどをご飯に載せた沖縄が生んだ国籍不明の料理である。和と洋の(洋と言えるかは不明...

≫続きを読む

 

沖縄弁当

沖縄には本当に弁当屋が多い。○○弁当屋とか、○○弁当店といった名前もそのまんまの弁当屋がいたるところにあって、昼時には老若男女入り乱れて弁当を買い求めてやってくる。沖縄にはもちろん全国チェーンの弁当屋やコンビニでも弁当が購入できるが、沖縄の弁当屋と比較すると量も味も値段も、もう全く比較にならない。一...

≫続きを読む

 

焼き鳥屋

沖縄の焼き鳥屋や不味くて高い。本土の人間からしたら一般常識である。がしかし、沖縄の人で内地に出たことのない人間は本当に旨い焼き鳥がどんなものかを知らないので、沖縄にある焼き鳥を食べて、とりあえず旨いな、といって満足するしかないのである。本土では焼き鳥1本50円とかザラで、それでいて無茶苦茶旨いところ...

≫続きを読む

 

ぜんざい

ぜんざいというと、日本ではおしるこ的な温かい甘い汁にあずきが入っていること指すが、沖縄では違う。沖縄でぜんざいと注文すると、かき氷が出てくる。厳密には冷たいあずきがあって、その上に通常のかき氷のしゃりしゃりが上に山盛りになって出てくる。そして、白くて丸い餅が何個か乗っている。要するに沖縄のぜんざいは...

≫続きを読む

 

ヒートゥー

ヒートゥーとはイルカのことで、特にイルカ料理を指す。意外と知られていないが、沖縄の北部ではイルカ料理を出す店が結構ある。最近の動物愛護法なんたらで、大分その数を減らしてはきたが、それでもやんばるあたりをドライブしていると、「ヒートゥー」の看板が掲げられた店をいまだに何軒も見かける。(adsbygoo...

≫続きを読む

 

天ぷら

沖縄の天ぷらは日本の天ぷらとは明らかに異なる。日本のものは少し高級なイメージがあるが、沖縄の天ぷらは庶民向けのいつでも食べられるおかずである。というか小腹が空いた時にいつでも食べられる、むしろおやつといっても言い過ぎではない。現に沖縄には弁当屋と同じように、天ぷら屋というお店が至るところに存在する。...

≫続きを読む

 

てびち

沖縄に来たら是非食べてほしい豚肉料理の一つであるてびち。足てびちとも呼ばれ、要するに豚足のことだ。名前だけは聞いたことがあると言う人も多いだろう。ただ本土でこれを口にする機会はほとんどないのではないか。沖縄ではどこのスーパーでも普通に売られていて、どの家庭でもチャンプルーなどと同じような感覚で食卓に...

≫続きを読む

 

沖縄そば@

沖縄のソウルフードNo.1といえば、沖縄そば、と答えるうちなんちゅが確実に9割を超えるだろう。ちゃんぷるーや、てびちと言った沖縄人が普段から食べる料理は数あれど、やはり一番愛してやまないのは沖縄そばなのである。うちなんちゅにとって「そば」と言えば「沖縄そば」であって、本土で食べるような「日本そば」と...

≫続きを読む

 

スポンサーリンク

メルマガ登録