沖縄のディープな裏情報が満載

 

"奇跡の鑑定士沖縄の父が登場 "

 

ディープな沖縄裏情報

 

沖縄のディープな食堂記事一覧

あやぐ食堂

昔から首里にある大人気の大衆食堂です。いつ行っても人で溢れかえっていて、1〜2人程度で行くと、まず相席は免れません。相席が嫌だという人は決して行ってはいけないと言っても過言ではありません。筆者が子供のころ(20〜30年前)は地元の客でいつも賑わっているお店だったのですが、ここ最近はガイドブックなどに...

≫続きを読む

 

グランド食堂

沖縄市のコザ信金スタジアムそばにあるグランド食堂。老舗で地元客で賑わう人気店です。沖縄そばやらちゃんぷるーやら定番の料理がありますが、ここの一番人気はなんと言っても「骨汁」です。骨汁とは、もうそのまんま豚の骨の汁な訳ですが、見た目のボリュームがすごく、あまりのインパクトに何も知らずに頼んだ観光客等は...

≫続きを読む

 

ちらー小

高速那覇インターすぐそばにある大衆食堂。そばととんかつの店、と書いてあるが、他にもいろんなメニューが揃っていて、そばやとんかつ以外の品を目当てに来る客の方が多い。沖縄の庶民的な食堂ではあるが、なぜか昼時はいつも満席で大人気の店である。正直不味くはないが、無茶苦茶美味しいかどうかは甚だ疑問だし、値段も...

≫続きを読む

 

Kendama沖縄

那覇市首里、首里城の近くにあるこのお店、元は名古屋かどっかの?有名なラーメン屋の姉妹店として華々しく沖縄デビューを飾った、はずだったが…テレビ等にも取り上げられ(何やらギャンブル依存症の人たちが更生するための修行の場としてこのお店がオープンしたらしい)大々的に宣伝もしたわけだが、いかんせん、立地が悪...

≫続きを読む

 

だるまそば

沖縄市にある老舗の食堂。だるまそば、とあるが、実際はそばだけでなく様々なメニューがある沖縄の普通の食堂だ。すべてのメニューで一般的な食堂よりも量は多めに提供されるため、お昼時は地元客や作業員たちで混雑している。場所柄外国人も多いためメニューはすべて外国語が併記されている。食券制だが、お店に行ってから...

≫続きを読む

 

首里そば

沖縄に来た観光客が必ず訪れているのではないか?と思えるほどいつも観光客で一杯の沖縄そば屋。おそらくガイドブックなどにも紹介されまくっているのであろう。メニューはいたってシンプルで、沖縄そばの小または中。そしてジューシー(沖縄風炊き込みご飯)や、煮つけがある。スープはあっさりかつおだしで、麺はつるつる...

≫続きを読む

 

波布食堂

那覇の港にあるこの波布食堂のウリは何と言ってもテレビでも何度も取り上げられホンジャマカ石塚さんなども絶賛していた超大盛りの肉野菜そばだろう。これでもかと積み上げられた肉と野菜の塊は山のようにそびえ立ち、麺に行き届くまでに相当苦労するのは間違いない。職人の兄ちゃんたちでも残してしまうほどのボリュームな...

≫続きを読む

 

どん亭

牛丼を中心とするチェーン店で、40〜50代の沖縄のサラリーマンにとっては世話に人もかなりの数に上ると思われるどん亭は、風風ラーメンと同じく、実は沖縄だけのチェーン店と思っている人がかなり多い。実際には神奈川に本社を置く外食チェーンなのだが、現在は本土ではほとんどの店舗が閉店しており、実際には沖縄にわ...

≫続きを読む

 

沖縄市泡瀬にある24時間営業のステーキレストラン「国」。かなりの老舗で地元の人たちの胃袋をがっちり掴んで離さない超有名店である。24時間開いているので、いつでも行きたい時にステーキを食べることができるのが受けて、地元では老若男女問わず客の出入りが絶えない店である。飲んだ締めはステーキ、という人たちに...

≫続きを読む

 

A&W

日本で唯一沖縄にのみ存在するファストフード店「A&W」。地元では「エンダー」と呼ばれ沖縄県民に最も愛されているファストフード店である。以前東京に沖縄以外で第一号店が出来たという話があったようだが、今はどうなってるのだろうか。元々はアメリカからやってきたA&Wだが、いまではすっかり沖縄に定着し若い世代...

≫続きを読む

 

スポンサーリンク

メルマガ登録